2013年03月24日

しづかの馬刺しと松本一本葱

今日は馬刺しが食べたい!松本の駅前には新三芳を始め郷土料理の店がいくつかありますし、新伊勢町の卯屋の馬刺しも大変美味しいのですが、一人飲みで雰囲気が楽しめる松本城近くの老舗の居酒屋「しづか」にやってきました。夜7時頃には混むので少し早めに暖簾をくぐります。ちなみに「しづか」は昼から通し営業していますので土曜日や休日の3時とか昼間から飲み始めることができます。(日曜日は定休日です)

しずか 看板

しづかはたくさんの部屋がありますが、通常飛び込みで使えるのは本館のメインホールと小あがり席にカウンター、奥の庭に面した新館ホールです。カウンター席も寿司屋のような立派なカウンターで落ち着きます。美人の2代の女将さんや板前さんと話ができて楽しいのですが、まだ外には明るさが残っていますの今日は風景の楽しめる新館ホールに席を取りました。

IMG_6524d.JPG

まだまだ寒いこの日、大雪渓の熱燗をゆっくり口に運びながら、薄暮の時間を楽しみます。大雪渓はやや甘口の地酒で岩波のような強い酒ではなく優しいお酒です。

しずか 新館ホール

看板料理のおでん。具の種類が多くてボリューム満点!食べ応えがあります。出汁の効いた醤油は薄めのおでん。束ねた蕗が春を感じさせてくれます。器が暖められているのでアツアツが楽しめます。

しづかのおでん

定番メニューとは別に印刷された「今日の献立」の中からは「松本一本葱」の天ぷらを選びました。山菜には少し早かったようで…。

松本一本葱の天ぷら

松本一本葱というのは江戸時代以前からの伝統があって、甘くて柔らかい太葱です。一本葱というと真っ直ぐな葱を想像しますが、植え替えをすることで甘みが増すという作り方なのでかなり曲がった葱です。薬味や脇役ではなく鍋物の主役の一つとして食べられています。すき焼きでも炭火焼でも美味しいですが、天ぷらは初めて食べる味のネットリと濃厚な天ぷらでした。

「しづか」は海の幸も豊富で日本各地の季節の魚介が楽しめますが、やはり馬刺しの旨さは他に替えられません。赤身の肉は脂身がなくて柔らかい。特に大蒜との相性が良くてスライスした大蒜を馬肉で巻き込んで食べると一層味が引き立ちます。肉の刺身ではレバ刺しや牛刺しが食べられなくなったので貴重ですね。ハーフサイズで注文しましたが充分なボリュームです。

しづかの馬刺し

土曜日のこの日は、7時頃には予約客や飛び込み客で混みあってきました。「しづか」は人気店で席数が多いので混むときは一気に混みます。予約するのがベターですが、飛込みで入るなら少し早目に行くか、逆に8時半を過ぎてから入るとスムーズに楽しめます。今日は仕上げの蕎麦は諦めて他の店に向かいました。


関連記事


しづか 蔵造りの建物と松本民芸家具

松本の名店「しづか」の山賊焼定食







posted by ナカムラタケシ at 15:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | 山賊焼・馬刺しの店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。