2013年04月28日

日之出町散策〜キッチン南海と三重鮨

「あがたの森公園」を出るとお腹が減ってきました。日之出町の「キッチン南海」で早目の夕食です。

P1100375d.JPG

キッチン南海は首都圏に20店舗位あるカレーとトンカツのお店です。所謂チェーンというより暖簾分けという感じらしいです。ここのご主人は若いときに神保町の店を手伝っていたと仰っていました。

IMG_8263d.JPG

ここに店を出してから32年だそうですが店内にはS&Bのカレー粉の缶が並べてあって、何かのこだわりを感じます。メニューは学生が多い通りなので比較的安価です。

P1100366d.JPG

看板メニューのカツカレーを注文します。ここはカレーにも美味しい豚汁が付くのが嬉しいです。

キッチン南海

カレーはご飯もカレーもケチケチしていなくて食べ応えがあります。カレーは洋食屋さんの良く煮込まれたタイプでバランスが良くて美味しいです。食べ飽きないカレーですね。

IMG_8267d.JPG

カツは注文が入ってから揚げてくれるのでサクサクしていてカツカレーとしては必要充分です。ご主人は山登りもされるそうで北アルプスの美しい写真が飾ってありました。写真のほうもかなりの腕前です。

後継者はいないみたいですが長くやって欲しいお店のひとつです。

さて腹ごなしに日之出町を散策します。市内には町中に無人の小さな神社がいくつもあります。これは薬祖神社です。

薬祖神社

薬祖神社というのは薬業界の発展を祈願する神社だそうです。神道というのは都合のいいものですね。ところでこの神社には松本城下町湧水群に指定される湧水が流れています。

IMG_8274d.JPG

日之出の泉だそうです。この湧水群はホントあちこちにあります。日之出町は中町と県の間にある古い町名です。中町のように観光地的に整備されていないのですが、昭和的な匂いがあって興味深いです。

日之出町

松本民芸家具を生産する中央民芸の作業場を見つけました。

中央民芸

P1100387d.JPG

龍興寺という古そうなお寺さん。

龍興寺

こちらは三重鮨というお寿司屋さん。

三重鮨

さすがにカツカレーの後では入る気になれませんが、ちゃんと仕事をする江戸前の店で値段も高くない使いやすい店です。

P1100392d.JPG

以前に伺ったときの鮨の写真を見つけました。

三重鮨

ネタが美しくて写真を撮っていて楽しいです。もちろん味も良かったです。

三重鮨

三重鮨の先で日之出町は終点。細い国道143号線を渡ると中町に入ります。

P1100395d.JPG

今日は中町に入らずに国道143号線を北のほうへ。女鳥羽川の夕暮れです。緑がきれいになってきました。

P1100410d.JPG

屋上に庭園のあるビルを発見。老舗の染色屋さんのようです。

P1100413d.JPG

隣は古い看板がいい感じ。染色や織物、和装小物の店みたいです。もう営業はしていない印象ですが。

※次の日に通ったらちゃんと営業されていました。ごめんなさい。90歳近い店主の方とも話をすることが出来ましたが昔からのお客さんがいるのでしょう。

P1100415d.JPG

寂れてしまった歓楽街「裏町」。

裏町

金月堂や本郷食堂のある東(あずま)小路に入って上土に向かいます。この「きく蔵」という店も評判の良い料理屋さんです。

裏町

寒くなってきました。スタンドバーの8オンスで岩波の熱燗を飲んで帰りましょう。








posted by ナカムラタケシ at 09:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ご飯の美味しい店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。