2013年04月30日

一人飲みでも楽しい 本町通りのワインバー「ピノピノ」

松本駅前で食事を済ませると公園通りをぶらぶら。一人で飲めそうなお店を物色します。しかし連休前の金曜日ということで人出が多くて…。

夜の本町通り

そこでやって来たのが本町通りのワインバー「ピノピノ」です。千歳橋の少し手前、中町の入り口を過ぎたところです。

ピノピノ

ここはコースやパスタなど本格的な食事はないので、夜の早い時間は割と空いています。専用の入口がありますが店は階段を登った2階にあります。

P1100227d.JPG

階段もちょっとシックな感じです。

P1100223d.JPG

店内は小さなテーブルがふたつありますが、カウンターメインで一人客でも寛げる雰囲気です。

ワインバー ピノピノ

グラスワインは500円〜1000円でフランスワイン中心の品揃えです。野菜チップスがお通しででます。センスがいいですね。

野菜チップス

まずは軽く白ワイン。ローヌの名門シャプティエ社のペイドックブラン。テレ・ブランという品種が主体のテーブルワインです。

IMG_8158d.JPG

ぶつぶつとした点字ラベルがこの会社の特徴です。味はスッキリとしていますが軽すぎないのがさすがにフランスの一流ワインメーカーです。後で調べたら楽天でお買い得でした。えっという値段ですね。



ここのおつまみはドフィノアやグラタンが名物ですが、軽く和牛のコンビーフを載せたカナッペ。美味也。

IMG_8159d.JPG

マスターがカウンターでサービスしてくれますが楽しくてよく気がつく方です。ワインバーは飲みなれている方も多いのですが、カジュアルな雰囲気なので他のお客さんと盛り上がることも多いです。この日は女性の一人客と30代カップルの方たちとワインや松本の蕎麦の話で盛り上がりました。

赤ワインはブルゴーニュとボルドーを一杯づつ。ブルゴーニュのほうは写真を撮り忘れました。

IMG_8163d.JPG

ボルドーはシャトーボーモンの2009年。まだ若いですがグランクリュに次ぐ格付けを得ているだけあってメドックらしいカベルネソービニヨンとメルロの味が楽しめました。2009年は近年では最高のヴィンテージイヤーなので今のうちに買っておくといいかもしれません。しかし国産ワインと変わらない値段は円高時に仕入れたからこそ。お買い得ですね。



今日はもう一杯、デザートワインをいただきます。ソーテルヌ(貴腐ワイン)のカルムドリューセック2008です。

IMG_8173d.JPG

ワインバーでは写真を撮っておいてあとで調べるとワインの勉強になります。これは最高級のシャトーリューセックのセカンドラベルでその分、まあ庶民的な値段で買えます。



貴腐ワインはグラスで出している店が少ないのであまり飲まないのですが、本当は大好きです。僕には最高級のケーキより美味しいですね。酒飲みなら当たり前?

ピノピノは久しぶりに来ましたが、確実に進化していますね。



さてこのあとはタバコが吸いたくなって近くのスタンドバーKADOKKOへ。店内は禁煙なので外のカウンターでエビスの生を飲みます。

KADOKKO

さらに店内で秋田の銘酒があったのでいただきます。だんだん写真がブレてきました。

KADOKKO

KDOKKOを出るとさすがにもう飲めません。締めは新伊勢町の豚そばですね。カレー屋さんの先にあります。

KADOKKO

IMG_8186d.JPG

今日は味噌味の豚そばをいただきました。

KADOKKO

松本ではよく映画やドラマの撮影があるのですが、今年はWOWWOWのドラマを撮影しているそうです。俳優や女優さんたちが豚そばを気に入って来てくれているみたいですね。やっぱり美味しいのかも。

こんなの松本で撮ってるの?→大空港2013







posted by ナカムラタケシ at 20:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | お酒の美味しい店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。