2013年05月02日

信州のりんご和牛がたらふく食べられる        松本駅前の「焼肉 晩餐館」

松本で焼肉といえば縄手の明月館駅前の晩餐館が好きですね。

明月館もいい肉を出しますが、煙もうもうなので(それも雰囲気ですが)女性と食べるときは地元産の和牛専門店晩餐館に伺います。


松本駅前のマクドナルドの左側にV字型に2方向に道路が延びています。このあたりが駅前の繁華街でたくさんの飲食店があるところです。

松本駅前 夜景

V字の右側が公園通りでパルコの南側を通って本町通りに出ます。ここは一方通行なので駅側からは車では入れません。

公園通り 夜景

V字の左側が新伊勢町通りでこちらは一旦、広い伊勢町通りに出てから本町通りに向かいます。

新伊勢町通り 夜景

どちらかというと公園通りは現代的で新伊勢町通りは昭和的な色彩が強いです。

「焼肉晩餐館」はこの伊勢町通りの奥のほうにあります。赤い電飾看板が目印です。

新伊勢町

看板は昭和的ですが店内は民芸調の落ち着いた雰囲気で席はすべて小あがりの座敷になっています。

P1100697d.JPG

近くには、馬刺しの美味しい店がいくつかありますが、今日の目的はこれです。

りんご和牛信州牛


信州プレミアム和牛とも呼ばれるこの牛肉は、りんご(正確にはりんごの搾り滓を使った配合飼料)を食べて育った牛なので松坂牛や飛弾牛などとは一味違う繊細な中に旨みがあるという、独特の美味しさがあります。

特にサシの脂肪分にリノール酸が豊富に含まれているのでヘルシーな牛肉です。等級もA4〜A5の最高ランクがプレミアム牛として認定されています。

晩餐館の今日のお肉の産地が表示されていました。

晩餐館の肉の産地

松本市の肉は美ヶ原の三城牧場産でしょうか。

ロスバスコ
三城牧場の和牛(僕が撮影したものですので掲載は問題ありません)


まず飲み物から注文します。ここは店主がマニアックな方なので肉だけでなく、ワインにもこだわりがあります。赤ワインをおまかせで頼むとこんなのが出てきました。2700円也。

ロスバスコ

ロスヴァスコス・カベルネソーヴィニヨンです。


ロスバスコ

これはフランスの名門ラフィットロートシルトのシャトーが南米のチリで作った、値段の割りに美味しいワインです。

2011年とまだ若いですが、カベルネソーヴィニヨン100%でメルロの入らないタイプなので焼肉に合います。

おまかせサラダを頼んだらワインに合うようチーズやジャーマンポテト、フランスパンまで載せてくれました。

ワインに合うサラダ

晩餐館は一皿1000円ほどで食べられる普通のカルビでも滅茶苦茶旨い信州和牛なのでおすすめです。若い友人達と来る時はカルビと安くて旨いホルモンを何皿も頼みます。

りんご和牛のカルビ

りんご和牛はやや低目の温度でもでサシがサラリと溶けるので、サッとあぶってタレにつけずに食べるとお肉の味が口いっぱいに広がります。サッパリ系の和牛ですから薄味で食べたほうが繊細な味が楽しめます。かなり柔らかいお肉なのでペロリと何枚でも食べられそうです。

りんご和牛のカルビ

しかし今日は見栄を張って特上ロース(2500円)も注文します。これはサーロインステーキの焼肉版ですね。しかも信州和牛ですから2500円はむしろ安いです。

IMG_8737dd.JPG

値段は張りますが分厚くて大きい一枚肉(カットはされてきます)なので食べでがあってお得感があります。カルビより「お肉を食ってる感」が強いですね。産地の東御市は美ヶ原を越えたところです。

りんご和牛のロース

撮影していたらちょっと焼きすぎてしまいました。信州和牛は脂肪がすぐ溶けるのでレアで食べるのが正解です。

晩餐館ではタンとハラミはなぜか四国の四万十牛を使っています。店主独特のこだわりがあるのでしょうか。これは連れが好きな上ハラミ(1800円)です。黒胡椒がふられていますがレモンダレを少々つけていただきます。

IMG_8736ddd.JPG

晩餐館は予約すると一品サービスがあります。今日は上ロースをサービスしていただきました。

りんご和牛のカルビ

特上ロースとは固体が違うようで微妙に違う味が楽しめました。

P1100695d.JPG

お肉の締めはもちろんホルモン(800円)。これは臭みが全くなくてプルプルとした食感が好きです。

IMG_8745d.JPG

レバ刺しは食べられなくなってしまいましたが、ここのは新鮮なので焼肉のレバを頼んで軽めに炙って(中まで温まるまで火は通したほうがいいですが)食べても美味しいです。


もうかなりお腹一杯ですが、連れはこれを食べなきゃ終わらないと石焼ビビンバ〔梅肉入り〕を注文しました。韓国風の本格的な石焼なので席で混ぜてよく焼くと焦げ気味の風味がたまりません。サッパリとした梅肉も意外と合うもんですね。

石焼ビビンバ

この日のコストは一人6000円ほど。いい肉を食べられたので高くは感じません。晩餐館は深夜3時までやっているので仕事などで遅くなったときでも焼肉を楽しめる店です。


信州のりんご和牛を食べてみたい方は通販でも買えます。








posted by ナカムラタケシ at 13:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | ご飯の美味しい店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。