2013年05月23日

松本駅アルプス口の信州そばの穴場         威張らない蕎麦屋「いばらん亭」


今日は松本駅アルプス口(旧西口)にやってきました。

「いばらん亭」という蕎麦のおいしい店が目的です。

松本駅アルプス口

名前の由来は客に威張らない店ということらしいです。頑固親父の店を皮肉ってるのかも。

いばらん亭

ここは巾上という町名なんですが、そこの商店街の活性化のために組合で出したお店です。だから店頭で野菜なんかも売っています。

いばらん亭

店内はシンプルで普通の食堂のようなつくりです。

いばらん亭

お茶と一緒に山菜を添えた冷奴が出ます。最初からサービスいいですね。

いばらん亭

もり蕎麦は500円、大盛りでも750円の安さ。しかもデザート付(この日は甘夏と羊羹)です。
こんな蕎麦屋は他にありません。

いばらん亭 もりそば

肝心の蕎麦ですがこれが、なかなか美味しい二八蕎麦なんです。少々挽きぐるみも入っていて香りもありますが、くどくないのでスルスルといくらでも食べられそうです。腰も程よく強いです。さらにサービスで豆の煮たのやコーヒーまで出てこの値段でいいの?

いばらん亭 もりそば

もり蕎麦一枚とカレーライスのセットがあってそれも750円。松本駅近くで蕎麦を食べるならここは穴場的におすすめですね。商売抜きでやってる感じの店で、そんなに忙しくないのに地元のおばちゃんたちがいっぱいいてサービスしてくれます。

アルプス口信号

ただし、ここは昼(11時半〜14時)しかやっていないので時間を合わせないといけません。日曜・祝日もお休みです。場所はアルプス口を出て、駅前の信号まで少し歩けばその角にあります。メインのお城口(旧東口)と間違えないでくださいね。



スポンサーリンク



posted by ナカムラタケシ at 12:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | 蕎麦・うどんのお店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。