2013年06月24日

上高地 チャーミングな女性と出会う

上高地で出会ったチャーミングな女性、ファンさんです。





写真は主にプリントとして絵のように扱われるほか、

雑誌や新聞という印刷媒体に使用されてきました。

世の中にあるものを固定化、定着することで

表現が成立しているのだと思います。

ですから撮影者の意図というものが色濃く反映します。

写真家は正にそれに執念を燃やしているわけです。



一方、動画は撮影技法や編集で意図を持たせることはできますが

映画のように、よほど演出の方向性を狭めない限りは

在るものがそのまま写っている、より開放的なメディアです。

インターネットの時代になって

情報は直感的にスピーディに処理されるので

人物を表現する上では動画のほうが面白いかもしれません。

いや、表現するというと写真的な表現であって

おこがましいかもしれません。

より面白さが伝えられる場合があるという感じがしています。

演出をしないほうがリアルなものが写っていて

小さな表現というものを超えた実在感を感じます。



スポンサーリンク







posted by ナカムラタケシ at 14:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑感/その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。