2015年02月21日

地産地消ブーム考


松本の飲食店はいま地産地消ブームみたいです。

蔵のむこうさんのグループを始め、朝日村農家直営の黒ひげさんのグループ

など多くの飲食店が地物の取り扱いをアピールしています。

雷電さんの記事参照



松本市はこの規模の地方都市にしては飲食店がたくさんあって賑やかですが、

それは観光客、出張客、単身赴任客が多いことと無関係ではありません。

地元客よりは地域独特の食材や地酒に対する関心が高いお客さんが多いので

地元の食材やお酒をアピールすることは

そういったお客さんを呼び込みやすいことになります。

せっかくよその町に行ったら、名物や地元のものを食べたいですもんね。

IMG_5033d.JPG

そんなことを前から考えていたのですが

最近できた花時計公園前の飲食店群。

以前は服飾専門学校&ブティックだったビルですね。

ゴールデン酒場さんが東から進出してきました。

新伊勢町のかりゆしさんも移ってきたようです。

IMG_5034d.JPG

以前のゴールデン酒場より、かなり地元食を出していますね。

窓のメニューには信州の食材のオンパレード。「野沢菜」まで書いてあります。

お酒も、ちゃんと地酒をアピールしています。

IMG_5037d.JPG

IMG_5038d.JPG

のれんに信州蕎麦の文字も見えます。食べてみたいなあ。

全体的に庶民的な酒場の印象も強いですね。



写真を撮って、記事だけ書いて失礼かもしれませんが

今日はちょっと行けないのでまた近々寄ってみましょう。



さて、久しぶりに豚そば頂で一番搾り。つまみはザーサイ。

この新伊勢町の一角は、夜早い時間と終電近くの遅い時間が混む場所で

8〜9時あたりはお客さんが少ない場所です。

そのあたりの時間帯に行くと若いマスターが結構話し相手になってくれるので

一人で行っても退屈しなくて済みます。彼は自分からはあまり話しかけないですが

話しかけると応えてくれるタイプです。

地産地消にはあまり関心がないようですが

ラーメン屋さんは原価的に難しい面があるかもしれません。

IMG_5032d.JPG

この「豚そば」は麺が沖縄のソーキソバに似ている感じ。

少々変わった味の豚骨醤油ラーメンで、月に1〜2度は食べたくなる味です。

家系などよりあっさりしているので飲んだ後の締めに食べるのもいいですね。

地産地消で勝負するかオリジナリティで勝負するかということかもしれません。

両方できたら最強ですが。いろいろ難しい点はあります。

参考までに。




posted by ナカムラタケシ at 20:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | 松本城下町散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。