2015年02月24日

WEB集客の意味


夜の松本駅南側の飲食店が立ち並ぶあたり。

たこ焼き屋さんがまだ営業していました。

店前にはタコの雪ダルマらしきものが目を引きました。。

IMG_5042d.JPG

立ち飲みの出来るたこ焼き屋さんということで結構お客さん入ってました。

入ろうかどうしようかと思っていたら店員さんが

「お父さん寄っていってよ〜」ですって

勝手に決めないでほしいなあ。私は独身貴族です(笑)。




さて先日、信州ネット.COMの概要を発表いたしました。


それで「増やせるホームページ」をつくる意味(メリット)なんですが

今日は特に内部的な効果についてですが

どんな商売でも何らかの形で常に進化を続けることが重要ですよね?

立ち止まって満足していたら売り上げは確実に年々減っていきます。

また十分な売り上げが取れていないお店ならそれは尚更です。

お客さんにとって魅力が少ないわけですから

店の魅力を発信しアピールする、

不十分な部分は改善したり新しい商品やサービスを導入する。

基本的にはビジネスもお店も生き物なのでよい意味での変化が求められます。

最初に作ったコンセプトだけでやっていけるビジネスなんて滅多にありません。

そういう意味でHPも常に新しい情報を増やしていくことが求められるわけです。

ブログやフェイスブックでもそれは可能なのですが

単に情報を垂れ流せばいいというものではなく

何らかのブランディングを行うことが目的なので

戦略的に考えていくことが大事です。

プロ(&第三者)の視点で表現することの価値はそこにあります。

自分でスコトーマ(盲点)を外せる人はほとんどいませんので。



さらに信州ネット.COMはサイト全体が常に成長していく媒体なので

そこに乗っていくことで成長曲線を大きくできます。



二つ目のメリットは情報発信することで

改善することへの意欲が大きくなることです。

自己満足の世界から自分がやりたいことを客観的に見つめなおし

お客様に満足していただこう、

社会に貢献しようという根源的な欲求を持つことができます。

こうした意欲がないビジネスは一時的には成功できても

やがてうまくいかなくなります。

単に宣伝だけでビジネスがうまくいくという話ではありません。


信州.COM詳細





posted by ナカムラタケシ at 16:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | ナカムラタケシ・マーケティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。