2013年07月29日

古きよき松本の社交場 塩井の湯

大名町の歴史的建造物、アルモニービアンの角を西へ向かうと
老舗の天ぷらやさん「浜新」があります。

高校生のとき近所に住む友人と伺ったのが初めてで
その後、何年に一度か伺っています。

浜新

雰囲気は家庭的なお店ですが
一軒目でビールと一緒に腹ごしらえするのにも
飲んだあと天丼で締めるのにもいいお店です。
専門店の天ぷらはやはり違います。

これは以前伺った時の写真です。
浜新

夜だけの営業で11時ぐらいまでやってます。

さて浜新の角の路地を入って松本城のほうに向かうと
なにやら古びた銭湯があります。

塩井の湯
塩類鉱泉 塩井の湯

よく見ると外観は擬洋風建築です。
開業は明治初期といいますから140年くらいの歴史があります。

塩井の湯

懐かしい雰囲気がたまりません。

塩井の湯

名前の由来は、ミネラルが豊富な鉱泉ということで
舐めてみたらしょっぱくはなくて
良質のミネラルウォーターの味です。

塩井の湯

内部も昭和以前の銭湯そのものです。
浴槽は昔風で深くておへその下くらいまであります。
肌に当たるお湯がこんなに気持ちいいお風呂はなかなかありません。

どっぷり浸かっているとホント気持ちいですね。

塩井の湯

大正生まれで3歳から90年近く通っているというおじいさんに話を伺うと
昔は松本の紡績会社の社長や商店の旦那衆が集まる社交場だったそうです。
ここにきて松本の歴史を随分教わったといってました。

こんなお風呂に毎日入っていたら長生きできそうですね。

男風呂は脱衣所の大きな窓が開け放しで
涼しい風に当たりながら体を拭いていたら
外を歩く若い女性に笑われてしまいました。

何とものんびりした雰囲気が素敵です。




posted by ナカムラタケシ at 19:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | 温泉・銭湯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月08日

扉温泉 桧の湯

松本市内から美ヶ原に行く方法は
浅間温泉から登っていく方法と
薄川に沿って、入山辺から三城牧場経由で登る方法があります。

浅間温泉経由のほうは急な坂道が続きますが
三城牧場経由のほうがなだらかに登っていけます。

三城牧場からはトレッキングで登るのも楽しいものです。

薄川上流は谷が深くて岩壁がそそり立っています。

薄川上流

市内から10km程で扉温泉と三城牧場の分岐に到達します。
扉温泉はここから1kmくらい細い山道を登ります。

IMG_1415d.JPG

この道もビーナスラインまで繋がっているのですが
落石が多いので現在は扉温泉の先で通行止めになっています。

P1120080d.JPG

P1120084d.JPG

扉温泉には明神館という料理の美味しい有名旅館がありますが
温泉だけならその少し上にある桧の湯が人気があります。

扉温泉 桧の湯

朝10時から夜7時まで営業で入浴料は300円です。
露天風呂は山が近いので森林浴も同時にできる気持ちのよい温泉です。
温度が低めで長時間浸かっている方が多いですね。



夏休みなどシーズン中は結構混むので、
早めに行くか夕方4時過ぎに行くとゆっくり入れます。


かけす食堂という食堂が併設されていて
岩魚の塩焼きや山菜、定食、麺類などが楽しめます。
蕎麦もありますが、ここは手打ちではありません。



スポンサーリンク




posted by ナカムラタケシ at 01:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | 温泉・銭湯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月10日

浅間温泉 枇杷の湯

大和朝廷の時代から伝統ある松本の奥座敷、浅間温泉。
昭和にタイムスリップしたような雰囲気があります。

IMG_4377d.JPG

ホームページも凝ってます→浅間温泉公式ホームページ

多数の旅館が軒を連ねていますが、
外来湯でぜひ一度訪れたいのが「枇杷の湯」です。

IMG_4439d.JPG

松本藩主の御殿湯として400年の伝統があって
(明治維新後は旅館だった)
建物の内外に当時の雰囲気が色濃く残っています。

IMG_4443d2.JPG

国宝「松本城天守閣」を建造した、
あの(初期の徳川家康の忠臣)石川数正の
子孫の方がが今も経営しているそうです。

IMG_4438d2.JPG

1階と2階が週替りで男湯・女湯に変わります。
1階は露天風呂もありますが
2階は屋根付きのテラス湯になっています。

建物の外にも露天風呂があります。
中はこじんまりしていますが、雰囲気いいです。

IMG_4449d.JPG

IMG_4452d2.JPG

内部の詳しい画像は→枇杷の湯HPへ

枇杷の湯は入浴料が800円と少し高めですが
その価値はある温泉です。


他にもある日帰り温泉

ホットプラザ浅間 入浴料630円。
ここは現代的で清潔感のある温泉施設です。

IMG_4306d502.JPG

昭和の懐かしい共同浴場温泉もあります。
かなり鄙びてますが入浴料250円は魅力です。
街中にあり、向かい側に数台分の駐車場があります。

IMG_4379d.JPG


IMG_4305d50.JPG



posted by ナカムラタケシ at 20:55 | Comment(0) | 温泉・銭湯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。