2015年11月26日

成人式の季節

そろそろ成人式シーズン。

え、成人式のシーズンがあるの?

という方、成人式の撮影は当日は無理なんで今がピークなのです。

私は、そんなに仕事をしないカメラマンなのですが

それでも時々注文を受けます。

IMG_8907d.JPG

お客様が求めるのは写真館的なゴージャスな

ポートレートかもしれません。

しかし私はちょっと遊んだ楽しいカットも摂りたくなっちゃいます。

彼女は清楚で大人しい感じのお嬢様ですが

目力が強くて意外と色気もあるという

隠れた魅力が発見できました。


撮影されたいという方はお気軽にご連絡ください。

綺麗なポートレートも

コマーシャル風な写真も

女性の魅力満開の写真も承ります。

気に入ればノーギャラでもいいですよ。


posted by ナカムラタケシ at 23:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | ナカムラタケシ・マーケティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月14日

信州WEBマガジン配信開始

少し前からお伝えしてきました新サイトですが配信を開始いたしました.

『信州WEBマガジン』

信州WEB MAGAGINEd500.JPG

サイトのコンセプトは以下のようになります。

『信州WEBマガジン』は信州全体の食、遊び、文化、歴史、商業などの情報を楽しく、わかりやすく、よりアーティスティックに、より具体的に、より動的に(活発的に)お伝えしたいというコンセプトで2015年3月より配信を始めました。

当初は、本拠地のある中信地区の情報に偏りがちとなることが考えられますが極力、全県的な視野で運営します。また全県的にお店や小規模のビジネスを支援する目的を持っています。隠れた魅力的な素材には取材など極力対応いたしますのでお気軽にコンタクトフォームよりご連絡ください。

またコンセプトが合えば相互リンクも積極的に行います。お気軽にお申込みください。※アダルト系、暴力系、勧誘系などのサイトは除外させていただきます。




サイト名とドメインを変更した理由はいくつかありますが
メインの記事は楽しめるものにしてどんどん新しい情報を載せるためには
固定的なイメージよりWEBマガジンjの方がいいだろうという判断と

日本語ドメインだとサブドメインの設定ができないという点が大きいですね。
ローマ字のドメインはすでに同じものがありましたので使えません。

そもそも新サイトはマルチサイト化する前提でシステムをプラニングしてきましたがサブドメイン方式とサブディレクトリ方式でどうするかが曖昧になっていたわけです。

それで結局メインのドメインは

shinshu.limkとして

内部的マルチサイトはサブディレクトリ方式で行い
shinshu.link.○○○という形がいくつでも作れますので
様々な分野の記事を整理してみてもらうことができます。

そして他社ホームページを作る場合は○○○.shinshu.linkという形でサブドメイン方式になります。デザインやブログ投稿など独自に運営でき、さらにリンク的(SEO)にもメリットがあるものになります。

もちろんリンクさえあれば全く独自のドメインでもOKですし既存のHPにもリンクすればいいのですが、信州WEBマガジンの記事を増やしアクセスが大幅に増えるとサブドメインのメリットが大きくなる筈です。

それはともかく、とにかく充実したコンテンツのいいサイトにしますのでご期待ください。

⇒信州WEBマガジン
2d.JPG

posted by ナカムラタケシ at 06:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | ナカムラタケシ・マーケティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月03日

昨日出会った素敵な女性


昨日はちょっと美味しいという話を聞いたお店に伺いました。

今年になって連れ合いを亡くしたという女性が始めた「しな乃」です。

石芝の県道松本空港線沿い、以前はお団子屋さんだったところですね。

IMG_5234d.JPG

何十年も前から夫婦で松本で飲食店をやっていたそうで味は確か。

特にこの店の伝統でもあり松本名物の山賊焼はなかなか美味。

IMG_5245d.JPG

ラム餃子など面白いメニューもあるので一度行ってみては?



さて帰りに寄ったのは大阪のおでん。

IMG_5260d.JPG

いま県内で放映中のKIRIN「山雅ビール」のCMはここで撮影したそうです。

私はまだ見ていないのですが、

反町監督出演でここのマスターも共演?しているそうです。



今日はまた素敵な女性と出会うことができました。

IMG_5271d3.JPG

大阪の女子大生だそうですがカップルで来店されていました。

もちろん許可をもらっていますが、きれいな方に会うと撮りたくなりますね。



★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★



ナカムラタケシからのお知らせ

信州の新サイトがまもなくオープンしますがスポンサー募集中です。

企画のメインは増やせるホームページ

そのメリットは

1.様々なリンクからたくさんのアクセスを集められる貴社のホームページが作れます

2.1ページから予算に合わせてHPが持てて徐々に増やしていけます

3.ブランディングのための構成、デザイン、撮影などすべてオールインワン
  時間がない方でも的確なホームページができます

4.マーケティングの視点からコンサルタント、「価値のあるサイト」にできます

5.内容の濃さに比してびっくりするほど低価格


単なるホームページ制作ではありません。

あなたのビジネスをトータルにサポートします。


お問合せ・資料送付⇒メールフォーム




信州WEB MAGAGINEd500.JPG
posted by ナカムラタケシ at 22:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | ナカムラタケシ・マーケティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月24日

WEB集客の意味


夜の松本駅南側の飲食店が立ち並ぶあたり。

たこ焼き屋さんがまだ営業していました。

店前にはタコの雪ダルマらしきものが目を引きました。。

IMG_5042d.JPG

立ち飲みの出来るたこ焼き屋さんということで結構お客さん入ってました。

入ろうかどうしようかと思っていたら店員さんが

「お父さん寄っていってよ〜」ですって

勝手に決めないでほしいなあ。私は独身貴族です(笑)。




さて先日、信州ネット.COMの概要を発表いたしました。


それで「増やせるホームページ」をつくる意味(メリット)なんですが

今日は特に内部的な効果についてですが

どんな商売でも何らかの形で常に進化を続けることが重要ですよね?

立ち止まって満足していたら売り上げは確実に年々減っていきます。

また十分な売り上げが取れていないお店ならそれは尚更です。

お客さんにとって魅力が少ないわけですから

店の魅力を発信しアピールする、

不十分な部分は改善したり新しい商品やサービスを導入する。

基本的にはビジネスもお店も生き物なのでよい意味での変化が求められます。

最初に作ったコンセプトだけでやっていけるビジネスなんて滅多にありません。

そういう意味でHPも常に新しい情報を増やしていくことが求められるわけです。

ブログやフェイスブックでもそれは可能なのですが

単に情報を垂れ流せばいいというものではなく

何らかのブランディングを行うことが目的なので

戦略的に考えていくことが大事です。

プロ(&第三者)の視点で表現することの価値はそこにあります。

自分でスコトーマ(盲点)を外せる人はほとんどいませんので。



さらに信州ネット.COMはサイト全体が常に成長していく媒体なので

そこに乗っていくことで成長曲線を大きくできます。



二つ目のメリットは情報発信することで

改善することへの意欲が大きくなることです。

自己満足の世界から自分がやりたいことを客観的に見つめなおし

お客様に満足していただこう、

社会に貢献しようという根源的な欲求を持つことができます。

こうした意欲がないビジネスは一時的には成功できても

やがてうまくいかなくなります。

単に宣伝だけでビジネスがうまくいくという話ではありません。


信州.COM詳細



posted by ナカムラタケシ at 16:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | ナカムラタケシ・マーケティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月23日

スコトーマ


回転寿司のいいところは、

低価格で自分が食べたい量をコントロールできることですね。

最近は、はま寿司をよく利用します。

IMG_5049d.JPG
これはおすすめメニューにあった「はまぐりの旨だしラーメン」380円。

麺はハーフですが、はまぐりが4つも入って、はまぐりの出汁もよく出ていて美味。

チェーン店なのでちょっと既製品ぽい味ですが、

プラス寿司五皿食べて丁度いい、遅めの昼食でした。



さて脳科学者でコーチングやコンサルタントの面でも活躍されている

苫米地博士の動画を見ていたら「スコトーマ」というキーワードが出てきました。

スコトーマとは見えているけど見えていない盲点。

実際、どんな会社やお店、個人にも他の人には見えていても

自分たちは気づいていないという盲点があります。



苫米地博士の話では経営コンサルタントの仕事はそれを十分な知識や情報で指摘して

改善させることだが自分自身にもスコトーマがあるので

それを外せる人が真のコンサルタントだ。というような内容でした。



お店などでお客さんから見たら気になる点がいっぱいあるのに本人たちは

気付いていない。というケースはいっぱいありますね。



コンサルしていて一番難しいのは単に売り上げを上げてくれと言われ

自分たちは改善をする気がない場合です。



表現に関わる部分の盲点は直すのは簡単ですが

根幹にかかわる部分は難しいです。

自分の部下なら簡単なのですが。


大きなスコトーマに気づいて直す方法がわかっていても

自分自身クライアントにどう納得させるかという部分がまだまだ未熟です。

または予算が少ないので大きなプレゼンをしていられない場合も。

どんな店舗や会社でも売り上げが伸びない理由は

前提条件もありますが、古いやり方にしがみついていたり

知らず知らずのうちに従業員が楽なやり方ばかり選んでいる

というケースが多いですね。



特に新しい商売を軌道に乗せるのに簡単な方法はあまり聞いたことがありません。

個人商売の場合、収支は税理士にすべて任せていたり

なんとなくイメージだけで認識していて

経営的に何も理解していないケースも多いです。



データがなければ我々も印象や他との比較などで話さなければならないので

裏付けのない同じ土俵に立たなくてはなりません。

まずは数字のデータをしっかり取ることから

コンサルしたほうがいいのかもしれませんね。

独りよがりの印象の経営から脱却するためにはやはりそこから。

僕も自分自身、自分のデータは毎日分析しています。

効率よく成功させるほうがお互いいいですから。



タグ:スコトーマ
posted by ナカムラタケシ at 04:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | ナカムラタケシ・マーケティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。