2015年11月26日

成人式の季節

そろそろ成人式シーズン。

え、成人式のシーズンがあるの?

という方、成人式の撮影は当日は無理なんで今がピークなのです。

私は、そんなに仕事をしないカメラマンなのですが

それでも時々注文を受けます。

IMG_8907d.JPG

お客様が求めるのは写真館的なゴージャスな

ポートレートかもしれません。

しかし私はちょっと遊んだ楽しいカットも摂りたくなっちゃいます。

彼女は清楚で大人しい感じのお嬢様ですが

目力が強くて意外と色気もあるという

隠れた魅力が発見できました。


撮影されたいという方はお気軽にご連絡ください。

綺麗なポートレートも

コマーシャル風な写真も

女性の魅力満開の写真も承ります。

気に入ればノーギャラでもいいですよ。


posted by ナカムラタケシ at 23:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | ナカムラタケシ・マーケティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月23日

ずくや昌楽 驚愕のポークソテー


IMG_5676d.JPG

野溝西の古びた飲食店街。

変わり者の店主ばかりが集まう石芝界隈でも一番ディープな一角。

私は『ずくや昌楽』でそれを発見しました。

まずはこれを見てください。

IMG_5667d700.JPG

世の中に異議あり、当店開発ダブル熟成でいざ勝負!

なんじゃこれは!挑発的な文言が並んでいますが

ポークソテーのメニューです。

つまり今流行りの長期熟成ではなく、

独自の短期熟成法で美味しく豚肉を食べる方法らしいのです。



かなり気にはなりましたが、食べようかどうしようか悩んでいたら

30歳くらいのお兄ちゃん(お客)がやってきて、

さらりと「P400で」とご注文。

P400とは400gですよ。そんな肉の塊を日常的に食べていいのでしょうか。

それもご飯・味噌汁・サラダ付でたった1000円…。

「ちゃんと人間が食べる食事だったんだあ」と感激してワタクシも便乗します。

しかし50オトコには半分の200gで十分。

マスターの話を聞くと

「豚肉は熟成しなければ旨くない。

それをある方法で短期熟成することに偶然気が付いた」そうです。

このマスターはお料理博士のような人で論理的に攻めてきます。

発見は常に偶然であるそうな。

そんな珍しい食べ物を僅か750円(200gの定食セット)でいただいていいのでしょうか?

というところで騒いでいたら問題のお料理がやってきました。

IMG_5670d700.JPG

でっかい肉の塊はたしかにボリューム満点で旨そうだ。

しかし白滝が…。わさびも…?

これをナイフ&フォークでいただきます。


ふむふむふむふむふむ。

例えていうとビーフステーキのような食感のポークソテーですな。

つまり肩ロースの塊ですがサクサク切れてガツガツ食えます。

それほど柔らかく熟成されています。かといって角煮ほど柔らかくはないので

ソテーらしさも残っていて、もちろん味も悪くない。

いやそれどころか旨い。

これはクセになるかもですな。調味料的には塩胡椒だけでもいいような。

しかし白滝はそう、すき焼きのアレの感覚ですな。

肉汁を吸っていて確かにウマい。存在を許します。

そして付け合せの半熟卵は塩を黄身に浸透させたという

「シオタマ」だそうでもう珍味の世界。

IMG_5674d700.JPG

やっぱりここのマスターは境界線上の天才ですな。

聞いてみると、それでもこの店の売りは「ずくやラーメン」だと仰る。

これも世界に二つとない激辛ラーメンだそうです。

実際、県外からも数多くのファンが食べにくる

辛い物好きには絶賛されるらーめんですが

そう私がこの店に来なくなったのは3年前

そのずくやラーメンの5辛に挑戦した後でした…。

私が来るべき店ではないと悟ってしまったのです。

カレーも麻婆もいつも1辛ですし。



しかしまあ、この店はユニークすぎて客が付いていけないのかも。

とにかくアメイジングなお店ですので

個性という点からは☆☆☆☆☆ですね。

食事に行ったというよりテーマパークに行ったというような

体験をしたい方はどうぞお試しください。

(マスターにいろいろ聞かないとその異色さが分からないかもしれません。)

それに「ある方法」は別に秘密ではないので教えてくれます。

(決してまずいという意味ではないです。念のため)

食べるのにエネルギーが必要なお店だということですな。

そう、マスターは何に挑戦しているのでしょうか?


マスターのお顔が見たい方はこちら


posted by ナカムラタケシ at 00:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | ご飯の美味しい店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月20日

マナヤで昼食など


新サイト『信州WEBマガジン』で松本空港線特集というのをやっています。高宮の郵便局前の信号から二子橋東の県道沿線にある様々なお店を紹介するという企画です。それでその集合地図を作っていたらとても気になるお店が一軒。マクロビオテックの『マナヤ』さんです。とても人気があるらしいということで営業がてら行ってみました。

IMG_5533d700.JPG

野溝木工の住宅街。13時過ぎでも店前に車がずらり。1台だけ空いていました。お店はギャラリーや教室的な使い方もされているようでアートフルな空間。

IMG_5532d700.JPG

あとでお店のサイトを見たらホールのほかにワークショップなどもやっているギャラリースペース、和室もあるようです。

メニューにはダイエットメニューの一汁一菜セットなどもありますが、ここはゆったりご膳(税別1500円)と張り込みます。

・梅煮ごぼうのスープ
ほんのり梅の香り漂うゴボウの豆乳スープ。ナッツが効いています。
IMG_5519d700.JPG

・道明寺蒸し
素晴らしい色合いのお餅。中にはクルミの餡が美味。
IMG_5529d700.JPG

・メインのプレート
大根のステーキや飛竜頭、切り干し大根のアラビアータ、カレー味の春巻き、サラダなど。
IMG_5536d700.JPG

これに五穀米(または酵素玄米)、味噌汁が付きました。

野菜だけの料理は滋味深く、優しい味ですね。盛り付けが美しくどれも工夫されているので大変楽しめました。話には聞いていた精進料理の海苔を貼り付けた鰻もどき。美味しかったです。

☆☆☆☆☆

さてお次は木工町のフリマカフェ・ラパンさんに伺います。前からお話しさせていただいていたので特集掲載の件はすんなりOK。

この企画は沿線の大きなお店MAPに広告枠を設けたA3のフライヤーを4000枚配布し、信州WEBマガジンに連動させるもので、一枠3000円より掲載できます。なるべく沢山の店舗にご参加していただきたいので赤字覚悟の特別価格です。WEBは様々なリンクでご紹介でき、半永久的な掲載。ランニング費用も掛かりませんので大変お得な企画です。こちらとしてはサイトの価値を高めたいという意図ですね。

IMG_5544d700.JPG

さてラパンさんはオプションのお店紹介ページもご注文いただきました。正式な撮影は後日としてその日撮れるケーキやラスクを撮影。そしてお客さんの女性に頼んだらモデルをやってくれました。とても綺麗な方なので掲載します。

IMG_5626d700.JPG

スタイルも抜群ですね。信州WEBマガジンの読者モデルとしてスカウトしました(笑)。

IMG_5552d1000.JPG

詳しくはこちら

ラパンの記事はこちらとりあえずアップましたが、新しい写真や情報を追加していくスタイルです。




posted by ナカムラタケシ at 09:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | カフェ・洋食・イタリアン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月19日

安曇野豚を堪能

信州豚の中でも安曇野豚は肉の香りがいい豚なのでソテーやとんかつ、しゃぶしゃぶなどに使われることが多いのですが、炭焼きの豚丼で出しているのが野溝西の『八家』。

これを今回はお肉2倍の特盛でいただきました。もちろん注文してから炭火で焼いてくれます。丼の上に3段重ねのお肉。まあ豚丼というより炭焼きの焼肉丼というほうがイメージは近いですね。

これは安い丼で腹を満たそうという豚丼ではなく、『ごちそう』として食べる豚丼ですな。満足!

IMG_5437d700.JPG


八家の詳細は⇒http://shinshu.link/gourmet/hachiya



posted by ナカムラタケシ at 11:04 | Comment(2) | TrackBack(0) | ご飯の美味しい店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月14日

信州WEBマガジン配信開始

少し前からお伝えしてきました新サイトですが配信を開始いたしました.

『信州WEBマガジン』

信州WEB MAGAGINEd500.JPG

サイトのコンセプトは以下のようになります。

『信州WEBマガジン』は信州全体の食、遊び、文化、歴史、商業などの情報を楽しく、わかりやすく、よりアーティスティックに、より具体的に、より動的に(活発的に)お伝えしたいというコンセプトで2015年3月より配信を始めました。

当初は、本拠地のある中信地区の情報に偏りがちとなることが考えられますが極力、全県的な視野で運営します。また全県的にお店や小規模のビジネスを支援する目的を持っています。隠れた魅力的な素材には取材など極力対応いたしますのでお気軽にコンタクトフォームよりご連絡ください。

またコンセプトが合えば相互リンクも積極的に行います。お気軽にお申込みください。※アダルト系、暴力系、勧誘系などのサイトは除外させていただきます。




サイト名とドメインを変更した理由はいくつかありますが
メインの記事は楽しめるものにしてどんどん新しい情報を載せるためには
固定的なイメージよりWEBマガジンjの方がいいだろうという判断と

日本語ドメインだとサブドメインの設定ができないという点が大きいですね。
ローマ字のドメインはすでに同じものがありましたので使えません。

そもそも新サイトはマルチサイト化する前提でシステムをプラニングしてきましたがサブドメイン方式とサブディレクトリ方式でどうするかが曖昧になっていたわけです。

それで結局メインのドメインは

shinshu.limkとして

内部的マルチサイトはサブディレクトリ方式で行い
shinshu.link.○○○という形がいくつでも作れますので
様々な分野の記事を整理してみてもらうことができます。

そして他社ホームページを作る場合は○○○.shinshu.linkという形でサブドメイン方式になります。デザインやブログ投稿など独自に運営でき、さらにリンク的(SEO)にもメリットがあるものになります。

もちろんリンクさえあれば全く独自のドメインでもOKですし既存のHPにもリンクすればいいのですが、信州WEBマガジンの記事を増やしアクセスが大幅に増えるとサブドメインのメリットが大きくなる筈です。

それはともかく、とにかく充実したコンテンツのいいサイトにしますのでご期待ください。

⇒信州WEBマガジン
2d.JPG

posted by ナカムラタケシ at 06:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | ナカムラタケシ・マーケティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。